オススメ度

ビジュアル英文解釈 (Part1) (Part2) 伊藤和夫|レビューと先輩おすすめの使い方

Pocket

ビジュアル英文解釈 (Part1)
ビジュアル英文解釈 (Part1)

ビジュアル英文解釈 (Part2)

【書籍紹介】講義が見える、英語が見える新感覚の参考書。長年の講義のエッセンスを再現した、英文を基礎の基礎から系統的に学べる、英文解釈参考書の極み。

【平均評価】★★★★

【平均難易度】★★★(応用)

※基礎・発展・応用・難関・最難関の5段階評価

【オススメポイント】

・適当に単語を繋げて英文を読んでいた受験生には革命的な本となる

・語源もあって覚えられる

・先生と生徒の会話で構成されているので、読み進めてみるとするする読める

・省略、関係代名詞などを使った複雑な文章を読むプロセスが学べる

Part1とPart2は2冊で1つの本です。
十分な効果を上げるためには、間に挟まないように2冊を連続で取り組むと良いと思われます。

【使用受験生の受験大学】

関西地方の某国公立大学、同志社大学理工学部、立命館大学理工学部、 慶應義塾大学

 

※平均評価・平均難易度は先輩受験生による評価の平均。オススメポイントは先輩受験生からのオススメポイントをまとめたもの。受験大学は、先輩受験生が主に受験した大学。

 


《先輩受験生の評価》

  《先輩受験生Mさんの評価》 

【難易度】

★★★(応用)

※基礎・発展・応用・難関・最難関の5段階評価

voice2

【オススメポイント】

受験英語界の伝説、故伊藤和夫先生の著作である。
この参考書は非常に役に立った。

Part1はセンター試験レベルPart2は2次試験レベルといったところであろう。
Part1で英文解釈の大まかな全体像を学んでいき、Part2でより細かい解釈法を身に付ける構成になっている。
今まで、適当に単語を繋げて英文を読んでいた受験生には革命的な本となるであろう。
単語は覚えた、英文法の問題集も完璧、でも長文となるとなぜか読めない。
そんな迷える受験生にはぜひ手に取ってほしい参考書である。

ただし、レイアウトがあまり良くない、つまり近年稀に見るカラー刷りの見易さ重視の類ではなく、昭和の香り漂う淡々とした文章で著されている。

それでも、十分にやる価値のある参考書である。

【受験大学・学部】

関西地方の某国公立大学
同志社大学理工学部
立命館大学理工学部

【受験生へのメッセージ】

  《先輩受験生Mさんの評価》 

 

【難易度】

★★★(応用)

※基礎・発展・応用・難関・最難関の5段階評価

voice2

【オススメポイント】

受験英語界の伝説、故伊藤和夫先生の著作である。
この参考書は非常に役に立った。

Part1はセンター試験レベルPart2は2次試験レベルといったところであろう。
Part1で英文解釈の大まかな全体像を学んでいき、Part2でより細かい解釈法を身に付ける構成になっている。
今まで、適当に単語を繋げて英文を読んでいた受験生には革命的な本となるであろう。
単語は覚えた、英文法の問題集も完璧、でも長文となるとなぜか読めない。
そんな迷える受験生にはぜひ手に取ってほしい参考書である。

ただし、レイアウトがあまり良くない、つまり近年稀に見るカラー刷りの見易さ重視の類ではなく、昭和の香り漂う淡々とした文章で著されている。

それでも、十分にやる価値のある参考書である。

【受験大学・学部】

関西地方の某国公立大学
同志社大学理工学部
立命館大学理工学部

【受験生へのメッセージ】

受験は戦争だ、そんな事が今日まで言われ続けている。
確かにそうかもしれない。
そこで勝ったと感じる人もいる、負けたと感じる人もいる。
どちらが勝った負けたというのはあまり好きではないが、どうやら受験というのはそういうものらしい。

志望校に合格した方が幸せになれるのか、落ちたら不幸になるのか、そんなことは誰にも分からない。
しかし、なぜ受験を頑張らなければならないのか。
その答えすら誰にも分からない。
ただ1つ確実に言えることがある。
「自分の人生は自分で決めなければならない」、ということである。
この先、あなたたちには多くの困難が立ちはだかる。
考えてみて欲しい。
その困難が自分の下した決定によるものの場合はどうだろう。
その困難が親や教師、他人の下した決定によるものの場合はどうだろう。

周りの意見、世間の眼差しそんなものは気にせず、自分の納得の行く未来へ進んで欲しい。応
援している。

 


《先輩受験生の評価》

  《先輩受験生Nさんの評価》 

【難易度】

★(基礎)

※基礎・発展・応用・難関・最難関の5段階評価

【オススメポイント】

これは、受験英語の神と言われた故伊藤和夫先生の著書で、30年
近く前に発売された本なのでカラーはなく、最初はとっつきにくい
と感じるのですが、先生と生徒の会話で構成されているので、読み
進めてみるとするする読め、「なるほど」と思う事がたくさんあり
ました。
その名のごとく英文解釈の本です。省略、関係代名詞などを使っ
た複雑な文章を読むプロセスが学べます。
この「ビジュアル英文解釈1」を終わらせると、センター試験、
中堅大学の長文を読める力はつきます。続編の「ビジュアル英文解
釈2」を終わらせることができれば、超難関大学の長文も読める力
がつきます。

【受験生へのメッセージ】

受験生は、日々勉強していく中で、不安になることがあると思います。でも、周りもみんなそうです。周りもみんな不安だし、本番緊張するし、自分以外の人みんな頭よく見えます、皆同じなんです。要するに、努力した奴が勝つ!という事です。どれだけ勉強しても模試でA判定が出ても不安になります。でも、最後に勝敗を決めるのは努力の差です。勉強は量より質と言いますが、まず量をこなさないと、質のいい勉強はできません。質といっても人によって合
う、合わないがあります。量より質、しかし、量あっての質なんです。
あなたがした努力はあなただけが知ってるし、あなただけのものだし、結果もあなただけに返ってきます。不安なのはそれだけ受験に対する思いが強い証拠です。
頑張ってください、応援しています!


  《先輩受験生Iさんの評価》 

【難易度】

★(基礎)

※基礎・発展・応用・難関・最難関の5段階評価

【オススメポイント】

この本は、最近の参考書と比べてレイアウトが良くなく、さらにCDも付いてない。
至れり尽くせりの参考書の多い今、なぜこの参考書を勧めるのか。
まず、使われている英文が比較的読みやすいためとっつきやすい。
しかし、解説と比べながらじっくり読むと、フィーリングで読んでいた部分が炙り出され、そういった甘い部分を解説で克服できて、ロジカルに精読できるようになる。
そして、四半世紀以上も受験英語の参考書として支持を得ているという事実。
それだけ完成度が高く、先人たちもこれを用いて勉強し、結果を出してきたからこそ語り継がれて支持されている。
この本を信じてマスターすれば、英語の基礎は盤石といえるレベルまで到達することは間違いない。
英語の初心者、そして伸び悩む中級者までがオススメである。

【受験生へのメッセージ】

受験は、人生のゴールではない。失敗してもその先でまたチャレンジすることはできる。
しかし、勉強だけに打ち込める人生において貴重な期間である。志 望校の合格を目指すのはもちろんだが、知らないことを知る喜びも味わってみてほしい。

受かろうと落ちようと、その先も努力で道を切り開くことができる。

だからまずは、目の前の参考書を手に取り、一生懸命知識を取り込んで充実した受験期間を過ごせるよう努めてほしい。

今の貴方にはそれがベストだから

【受験大学・学部】

慶應義塾大学

関連記事

  1. オススメ度

    理系標準問題集 物理|レビューと先輩おすすめの使い方

    【書籍紹介】物理的な考え方が自然に身についていくよう、段階的、系統…

  2. オススメ度

    英文法・語法 最終チェック問題集|レビューと先輩おすすめの使い方

    【書籍紹介】文法項目ごとに章が分かれている問題集と異なり、全範囲か…

  3. オススメ度

    1分間日本史1200|レビューと先輩おすすめの使い方

    【書籍紹介】1問1秒で復習する「スピード記憶法」、4色で記憶に定着…

  4. オススメ度

    文系数学の良問プラチカ(河合塾シリーズ)|レビューと先輩おすすめの使い方

    【書籍紹介】文系難関大学合格を目指す方を対象にした問題集。149題…

  5. オススメ度

    体系物理[第6版] (体系シリーズ) |レビューと先輩おすすめの使い方

    【書籍紹介】「物理基礎」+「物理」の基本から応用までを体系的に身に…

運営サイト紹介

カテゴリー

最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP