オススメ度

新TOEICテスト中学英文法で600点!|レビューと先輩おすすめの使い方

Pocket

新TOEICテスト中学英文法で600点!

新TOEICテスト中学英文法で600点!

【書籍紹介】「TOEIC出るとこだけ!」シリーズでおなじみの小石裕子先生が、中学英文法の重要性に着目し、それを本番のTOEICにどう生かせばスコアが上がるのかを「じっくり、やさしく」解説。
最も点数の稼ぎやすいPart5、6にターゲットを絞り、学習を進めていく。文法項目をじっくりおさらいする「キホン!」と、学んだ文法を利用した攻略法をまとめた「技」という二つのコーナーで「中学英文法」と「TOEIC」を結び付けていきます。基礎が出来あがったら、長文問題に慣れるための「Part 7に挑戦!」や、「リーディング・セクション ミニ模擬テスト」などのコーナーで本番対策もバッチリ!
本書なら「英語力そのものを底上げ」しながら、就職や昇進の条件としてまずはクリアしたい600点を目指すことができるので一石二鳥。
初めてTOEICを受ける人にもオススメです。

【平均評価】★★★

【平均難易度】★(基礎)

※基礎・発展・応用・難関・最難関の5段階評価

【オススメポイント】

・「TOEIC出るとこだけ!」シリーズでおなじみの小石裕子先生が、中学英文法の重要性に着目し、それを本番のTOEICにどう生かせばスコアが上がるのかを「じっくり、やさしく」解説。

・最も点数の稼ぎやすいPart5、6にターゲットを絞り、学習を進める。

・文法項目をじっくりおさらいする「キホン!」と、学んだ文法を利用した攻略法をまとめた「技」という二つのコーナーで「中学英文法」と「TOEIC」を結び付けていく。

・基礎が出来あがったら、長文問題に慣れるための「Part 7に挑戦!」や、「リーディング・セクション ミニ模擬テスト」などのコーナーで本番対策もバッチリ!

・「英語力そのものを底上げ」しながら、就職や昇進の条件としてまずはクリアしたい600点を目指すことができるので一石二鳥。

・初めてTOEICを受ける人にもオススメ。

 

【使用受験生の受験大学】

 

※平均評価・平均難易度は先輩受験生による評価の平均。オススメポイントは先輩受験生からのオススメポイントをまとめたもの。受験大学は、先輩受験生が主に受験した大学。

 


《先輩受験生の評価》

  《先輩受験生Kさんの評価》 

【難易度】

★(基礎)

※基礎・発展・応用・難関・最難関の5段階評価

voice2

【オススメポイント】

初回495点だったTOEICテスト。2回目の挑戦にあたって選んだのが本書でしたが、8か月後、本当に600点を超え625点取れました。
問題量が多いTOEICテストですが、本書を繰り返して読むことで、問題のなかで押さえるべき個所がなんとなくわかるようになりました。
結果、3問残してほぼ全問回答でき、正答率も上がったようです。

【受験大学・学部】

【受験生へのメッセージ】

入学・資格を問わず、テキストや参考書選びは重要です。
「これならいける」と思った一冊を、徹底的にマスターされることをおすすめします。

関連記事

  1. オススメ度

    難問題の系統とその解き方物理 服部嗣雄|レビューと先輩おすすめの使い方

    【書 籍紹介】はじめから総合的な高度な問題にあたり、それらを一…

  2. オススメ度

    チャート式基礎からの数学3|レビューと先輩おすすめの使い方

    【書籍紹介】日常学習と入試対策への必須問題を漏れなく収録。解説…

  3. オススメ度

    グラマーコレクション Full Version 英文法・語法問題集 文法を体系的に身につける、例題1…

    【書籍紹介】英文法・語法を文法を体系的に学びます。例題で学習→…

  4. オススメ度

    漢文早覚え速答法 共通テスト対応版 (大学受験VBOOKS) |レビューと先輩おすすめの使い方

    【書籍紹介】暗記を最小限にし、「漢文に慣れること」を重視した点…

  5. オススメ度

    Focus Gold 4th Edition 数学I+A|レビューと先輩おすすめの使い方

    【書籍紹介】ていねいな解答・解説で、数学の考え方が身につく「マ…

サイト紹介

大学受験 先輩受験生のお勧め参考書・問題集 レビューと使い方
 
先輩受験生お勧めの参考書や問題集をレビューとともに紹介しています。200冊以上の参考書のレビューや使い方、その参考書を使用した方が受験した大学・学部が分かります。また、先輩受験生からのアドバイスや応援メッセージも掲載しています。
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

運営サイト紹介

カテゴリー

最近の記事

スポンサーリンク

PAGE TOP