理系数学 入試の核心 難関大編 改訂版 (数学入試の核心) |レビューと先輩おすすめの使い方

理系数学 入試の核心 難関大編 改訂版 (数学入試の核心)
理系数学 入試の核心 難関大編 改訂版 (数学入試の核心)

【書籍紹介】★こんなあなたに★
●東大・京大・東工大・阪大・医学科など最難関大学の入試において、数学で差をつけて合格したい人
●高校で学んだ数学の範囲を超える内容にも興味があり、そうした背景がある入試問題にたくさん取り組みたい人

発想・論証・処理の力を養成
難関大を受験する上で押さえておきたい発想や論証・処理の仕方を、入試問題の演習を通して習得する問題集です。

1回2題×30回の全60題
数学I・Aから数学IIIまでの理系数学全範囲から厳選した入試問題60題を、難易度・テーマ等を考慮し、30回(各回2題)で学習できるように配列しました。1日に2題ずつ取り組めば、1ヶ月で完成させることも可能です。理系入試で出題頻度の高い微分・積分、図形、整数分野をとくに多く収録しています。

難問をどのように考えて解くかを学べる『解答編』
『解答編』では、単に「どう解くか」だけではなく、「なぜそのように解くか」という考え方を詳しく掲載。この考え方を身につければ、他の問題にもばっちり対応できます。

 

【平均評価】★★★

【平均難易度】★★★★(難関)

※基礎・発展・応用・難関・最難関の5段階評価

【オススメポイント】

・発想・論証・処理の力を養成

・難関大を受験する上で押さえておきたい発想や論証・処理の仕方を、入試問題の演習を通して習得する問題集です。

・1回2題×30回の全60題

・数学I・Aから数学IIIまでの理系数学全範囲から厳選した入試問題60題を、難易度・テーマ等を考慮し、30回(各回2題)で学習できるように配列

・1日に2題ずつ取り組めば、1ヶ月で完成させることも可能

・理系入試で出題頻度の高い微分・積分、図形、整数分野をとくに多く収録

 

【使用受験生の受験大学】星薬科大学 薬学部

 

※平均評価・平均難易度は先輩受験生による評価の平均。オススメポイントは先輩受験生からのオススメポイントをまとめたもの。受験大学は、先輩受験生が主に受験した大学。

 


《先輩受験生の評価》

  《先輩受験生Tさんの評価》 

【難易度】

★★★★(難関)

※基礎・発展・応用・難関・最難関の5段階評価

voice2

【オススメポイント】

入試でよく出る形式の問題がたくさんあるので、これをやることで
応用することができた。また、わかりやすい解説でその問題を解く
際のポイントもわかるので、とても良かった。

【受験大学・学部】

星薬科大学 薬学部

【受験生へのメッセージ】

何冊もの参考書に手を出すのではなく、一つの参考書を何回もやって
自分のものにした方が効率的だとおもいます。
頑張ってください!